2018年05月13日

パリバ・イスタンブール・オープン優勝のダニエル太郎は自己最高の82位に浮上 錦織圭は20位 、 杉田祐一は 46位

スポンサーリンク

 男子テニスの5月7日付ATP世界ランキングが発表され、 前週のTEB BNPパリバ・イスタンブール・オープン(トルコ/イスタンブール、レッドクレー、ATP250)でツアー初優勝を飾ったダニエル太郎は自己最高の82位に浮上しました。
     錦織圭は20位 、 杉田祐一は 46位 で2人とも変動ありませんでした。
 
ここで、以前にもご紹介しましたが、ダニエルのプロフィールを御覧いただきましょう。
 日本国籍ですが、ニューヨークで生まれ、幼少時は埼玉県で過ごし、12歳のときにスペインに移住しました。

 現在は、スペイン国内の地中海に面したバレンシアにあるテニスアカデミーで、トレーニングを積みながら、欧州等を中心にツアーにチャレンジしています。
バレンシアの地図.jpg

 バレンシアはスペイン第三の都市で、首都のマドリードからの距離は約350キロです。

 ダニエル太郎選手は、身長190p、体重76キロという立派な体格。右利き、プロ転向は2010年(17歳のとき)です。

 テニスを始めたのは7歳から。 記事全文
posted by 光 at 13:15 | Comment(0) | ダニエル太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年04月21日

息をスーッと吐きながら打つ。それが脱力テニスの呼吸法

スポンサーリンク

 息を止める、歯をがっと(ぎゅっと)、食いしばる。ストロークのとき、サービスを打つとき、このようにされている方、意外に多いのではないでしょうか。
 
 それとも、あまり意識していないから、そう言われても、テニスしているのに夢中で自分がストロークを打つとき、ラケットを振るときにどうしているかわからないよ。といったかたもいらっしゃるかもしれませんね。
   脱力テニス、すなわち、本来の力をロスすることなく、身体の運動エネルギーを効率よく使って、ボールに最大限のパワーを伝えるためには、正しい呼吸法が不可欠です。それが、「息をスーッと吐きながら打つ」ということ。
 
 脱力テニスを既に実践されているかたなら、ご存知だったかもしれません。
   でも、この呼吸法、テニススクールでも意外に教えてくれるところが多くないのが実情です。初心者クラス、初級クラス、初中級クラス、中級クラス、上級クラス、受講者のレベルに応じて、様々なコーチングをしてくれますが、意外と教えてくれないのが
  記事全文
posted by 光 at 15:57 | Comment(0) | 脱力フォアハンドストローク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年04月15日

フェデラーが使用するナチュラルストリング(ラケットガット)、大阪なおみはポリエステル。

スポンサーリンク

 初対面のテニス仲間と会話を始めるとき、お互いの使用ラケットが話のきっかけになったりしませんか?「ガットは何張ってるの?」
 
「ポリ(ポリエステル)です。」割と多いですね、ポリエステル。耐久性良いし。コスパも良いものが多い。
   大阪なおみを始め、ダニエル太郎などのトッププロもメインに使用しているようですね。もちろん彼らは毎試合、新しく張り替えてます。
 
 では、私たち、週1プレイヤーは、どのストリングが最適なのでしょうか? 私は断然、ナチュラル押しです。もう5年ほど継続してナチュラルです。何がそんなにいいのか? まず、抜群の長寿命。10箇月程度は張り替えなくても問題ないほどです。長く使っていると、縦横の交差するところが、よれたり、ガサガサになったりするのが普通ですが、ナチュラルだとそうした劣化が出てくるのが、うんと遅いです。
   でも、一番の長所は、身体への衝撃を緩和してくれるところ。特に、手首や肘への負担が非常に少ないことです。
 
 私の友人も、私の勧めで、ナチュラルに変更したら、悩んでいた手首の痛みが全然気にならない。楽にプレーできると言っています。
 価格が、ポリエステルなどよりも3割ほどお高めの場合が多いとは思いますが、先ほど述べた、長寿命のメリットでそれも問題ではないですし、身体への負担の軽減のメリットも考えたら、ナチュラルがベストと言いくきれます。
 
 ただ、1点だけ気に留めてください。それは、
 記事全文
posted by 光 at 10:15 | Comment(0) | テニス用品orアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ