脱力グリップで脱力テニス > 前後左右のボールに最速で追いつき、構えを作るのが最優先
2015年07月11日

前後左右のボールに最速で追いつき、構えを作るのが最優先

スポンサーリンク

 先日、不定期開催のテニスレッスンを受けてきました。 その中で、テニスで最も大切なことの一つとわかっていたのに、十分には出来ていなかったことに気付かされました。
   それは、自陣に入ってきたボールを打つ前に、しっかりと構えをつくること。そして、その構えをつくることができるように、しっかりとスタンスを固めること。そして、そのスタンスを固めることができるように、ボールに余裕をもって追いついておくこと。そして、ボールに余裕をもって追いつくことができるように、最速で走ること。
 そして更に、
スポンサーリンク

 スタンスを固めて、構えをつくる必要があります。それには最低1秒かかるでしょう。その1秒を確保するためには、ボールに追いつく時間をできるだけ削減しなければなりません。
 
   走りながらや、足を滑らしながらでは、ラケットのスイートスポットで捕えることが難しく、ミスを犯す高いリスクが生じてしまいます。
   さらに、相手陣営の何処を狙うのかという意思を込めたボールコントロールがないし、スピードといった威力も発現しません。
 
   レッスンでは、コーチが球出しのときに、左右・前後に極端に配球するなかで、そのボールにきちんと追いつき、フォームをしっかり整えてから、打ち返す練習を繰り返しました。
 
   そのおかげで、フレームショットなどの凡ミスを解消することができるようになりました。 これまでは、適当に走って、ラケットを持つ腕を伸ばすだけで対応するような悪癖が時々あったのですが、それを絶対無くす意識で取り組みました。
   そして、その効果が早くもレッスン中に出るようになりました。
   私の中で、苦手としていた、浅いボールのバックハンドストロークでの対応です。
  拾って、やや緩い返球することしかできていなかったものが、前に走った後、しっかりスタンスを固めて、止まって振りぬくことで、非常に強くて、リターンエースを取れるような返球が安定して打てるようになったのです。
 
   これを試合でも、実戦すれば、バックハンドストロークをも武器とすること出来るので、攻撃の幅がグーンと広くなります。
   今まで、返球するだけで守備的であったものが、攻撃的なものに転換するのです。
 
   さーて、今週末の試合が楽しみになってきました。
 
 

スポンサーリンク


posted by 光 at 13:03 | Comment(0) | 両手バックハンドストローク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ